スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
切迫流産
D118    36.76℃    16W6D

約1ヶ月ぶりの更新になります。
実は前回の検診の翌々日の3月21日(月・祝日)から9日間、切迫流産で入院していました。
退院後も自宅安静にもかかわらず出血は止まらず2週間が過ぎ、
妊娠5ヶ月に入って強めの薬を処方してもらったら、なんとか出血が止まりました。
現在、止血4日目を迎えています。

今までの事を簡単にまとめたいと思います。

3月21日(月)祝日 13W2D
朝起きてトイレに行くと、おりものシートに生理開始日のような血が付いていて、
拭いたトイレットペーパーにも鮮血があって、一気に私はパニックになりました
昨年の流産の時もこのような出血だったので、記憶が蘇り、まだ寝ていた旦那様に
泣きながら出血の事を話しました
そして早朝ですがすぐに産婦人科へ電話をしました。
すると、優しい口調の看護師さんから出血の量や色などを聞かれ、
もしかしたら入院になるかもしれないから簡単な着替えや洗面道具を持って来てくださいって
言われました。
心ここにあらず状態で荷物を用意していると、生理の時の様な出血している感覚があり、
トイレに行くと30分くらいしか経っていないのにナプキンが真っ赤になってて、
しかも下着に漏れていたのです
「もう、これは、確実にダメだ・・・」と思い、涙が止まらなくなってしまっていました。
そしてまた病院へ電話をして出血が増えたことを伝えると、すぐ来て下さいと言われ、
旦那様は仕事だったので、自分で運転して病院へ向かいました。
そういえば・・・雨が降っていました・・・なんだかとても悲しい朝でした。
病院は、祝日のため休診だったので患者さんは入院中の人と救急の人だけでした。
受付をして30分以内に呼ばれて内診台へ・・・出血してるって言っても少しだと思った先生は
私の出血の量にビックリして、止まるまで入院と言われました。
どう見ても生理2日目の出血の量だったので、内診台が血だらけになってしまいました
心配だった赤ちゃんはというと・・・なんと元気に動いていました
両手を握ったり開いたりしてて、両腕をブンブン振ってました・・・良かった〜
背骨も見えて、心拍もあって、何よりも私を救ってくれました 嬉しくてまた泣いちゃいました。

入院の荷物を車から取って来て、待合室で仕事中の旦那様にメールで入院になった事を伝えると、
すぐに旦那様から電話がかかって来ました。
そして病室へ案内され、すぐに止血剤の点滴を投与されました。
1週間の点滴生活の始まりです・・・
病名は「切迫流産」ですが、流産が切迫している状態でそのほとんどが妊娠を継続できるものです。
私に課せられた任務は、ズバリ「安静」です。
安静の患者は2階なんだけど、空いてないからと言われて3階の病室へ入院しました。
トイレくらいしか歩けず、しかもトイレにも点滴持参です・・・
テレビもない病室なので、寝るしかないのでした。
3時くらいになんと、旦那様が早退してタオルとかいろいろ持って来てくれました。
出血はまだ止まりませんでした。

3月22日(火) 13W3D
入院2日目。私の入院した3階の部屋は2人部屋でした。
カーテンで仕切ってますが何もかも聞こえます。
もちろん私1人しかいなかったのですが、入院ではない休憩の為に隣のベッドを使用した患者さんが来ました。
泣いていたのです。
手術とか麻酔の話を付き添いの旦那様と話していました。
泣いていた時点で私にはすぐに分かり、胸が痛くなりました
乗り越えて欲しいと強く思いました。
私がそうして来たように・・・そして強く願えば叶うことも・・・幸せが降り注ぎますように・・・
この日はシャンプーをしてもらいました。もちろん点適持参で
昨日洗っていないので気持ちよかったです。
夕方に2階のベッドが空いたということで、2階の病室へ移動しました。もちろん点滴持参で
移動した病室は3人部屋で、1人臨月の妊婦さんが入院していました。
真ん中の空きベッドを挟んでの相部屋です。
今日も旦那様は仕事帰りに寄ってくれました。ありがと

3月24日(木)    13W5D
入院4日目。出血が少量になって来たので、診察を受ける事になりました。
出血の原因はいまだ不明です・・・
赤ちゃんは元気に育っています
胎児の大きさは84.9mm、頭の大きさは28.7mmになりました
入院してから毎日、バイタルサインチェックの時に赤ちゃんの心音を聞かせてもらいました。
まだ13週だから、遠くの方にかすかにしか聞こえないのですが、実際に心音を聞くと、
すっごい嬉しくなりました
こんな機会でも無いと、心音を聞く事なんてできないからね・・・ちょっとだけ得した気分?
旦那様は明日はライブで来れないみたいです。

3月27日(日)    14W1D
入院7日目。
今日も診察を受けました。出血はごく少量になりました。
なんと今日は性別がわかってしまったのです
お尻から診た時に、両足の間に何やら怪しい影が・・・男の子みたいです
どっちでも元気に生まれてくれればお母さんは嬉しいです
今の点滴が終わったら点滴を抜く事になりました
1週間の点滴生活は長かったです・・・これで自由に動けます。

3月28日(月)    14W2D
入院8日目。
早朝5時、点滴が終了し、飲み薬に切り替わりました。らくちーん
今日の診察で明日、退院が決まりました〜
お腹をさすって「一緒にお家に帰ろうね」って言ってみました。
出血は、拭いた時に付いたり付かなかったりな量なので、安静にしてたら止まるという予想だったと思います。
明日持って帰る荷物を少なくするために、もう使わないものを先に旦那様に持って帰ってもらいました。

3月29日(火)    14W3D
入院9日目。退院。
毎日ご飯を配膳してくれたスタッフの方、毎日お掃除に来てくれた方に退院の報告をして、
9月の出産の時にまたよろしくねと言われました。
早く帰りたいので、午前中に退院する事にしました。
車は旦那様に持って行ってもらったので、タクシーで帰りました。
すごくいいお天気で入院したあの日の天気とは正反対でした。
お家に帰って、真っ先にテレビを付けました。
海外旅行から帰った気分・・・テレビが懐かしい
そしてこれから毎日テレビの前でゴロゴロ生活が始まるのでした・・・


帰宅後、出血は少量だったのですが、ちょっと買い物に出かけたり、ちょっと散歩したりすると、鮮血が出たりしてしまう状態が2週間続きました。
毎週病院へは通院しています。
5ヶ月に無事に突入出来ました。
仕事もしてない状態です。
ま、赤ちゃん優先なのは当たり前ですからね。
出血の原因は本当に不明なのです。どこから出血しているのかも分からないみたいで・・・
先週の診察で、赤ちゃんが頭に手を乗せてて、
今週の診察で、赤ちゃんが顔に手を当ててました・・・頭部が気になるのかしら???
とりあえず、順調に育っている事だけは確かです。
少しでも安定してくれれば・・・と願います。
妊娠5ヶ月 13:04 comments(0)
スポンサーサイト
- 13:04 -
COMMENT









2010年1月に8週目で稽留流産→掻爬手術を経験しました。優しい旦那様と一緒に悲しみを乗り越えて来ましたが、なかなかコウノトリさんが来てくれず、意を決して不妊治療を開始しました。いつかわが子を抱ける日が来る事と、旦那様をパパにしてあげる事を願って…
記録としての不妊治療日記です。
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other
  • Log in
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Material by ふわふわ。り
  • Template by a dear friend