スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
初めての人工授精
 D14    36.32℃

本当にツライだけの仕事が最近は本当にキツくて、
毎日12時くらいに帰宅しています・・・
午前9時に予約をしていたので、頑張って7時に起きました。
今日のエコー診察にて排卵タイミングが良ければ(まだ排卵されていなければ)
人工授精を実施するという事でした。
旦那様の今朝採れたて(?)の精子を持っていざ病院へ。

土曜日は病院は超混みなのですが、朝早いとそうでもないので
9時過ぎには呼ばれてエコー診察・・・ドキドキでしたが、
卵胞(左右どちらかはまた忘れました)の大きさが20mmで、
体温も上がって来てるので、排卵のタイミングは良いということで、
人工授精を実施することになりました
今回初挑戦になるわけですが、人工授精では精子の濃度を上げるため
洗浄という作業をしてもらうのです。
今日の私の旦那様の精子を例にいうと、
そのままの状態では2億の精子たちの運動率が70%だったのが、
洗浄すると1億の質の良い精子たちの運動率が90%になったのです
すごく旦那様には大感謝なのですが・・・私の卵子の質は不明なので・・・
そこですよね・・・人工授精の不透明さという最大の弱点・・・。
でも挑戦するんだからそんな負のパワーさく裂させても仕方ないので、
お腹をさすって私の卵子さんに話しかけてみました。
頑張ってねと応援してみました。

その洗浄作業に1時間要するということなので、出かけてもいいし
ロビーでそのまま待っててもいいということでした。
1時間も待ってられる?と思ったのですが、日頃の寝不足が溜まりに溜まってて
なんと1時間ロビーで座ったまま熟睡しちゃってたのであっという間に呼ばれました

処置室へ通され、診察台の上半身が寝た状態の処置台?に寝て、
その状態で人工授精は実施されました。
異物感はかなりありました。
卵管の通りの検査をした時のような痛みがありました。
でも一瞬でしたけどね。
その後10分くらいその部屋にて休んだのですが、
足が上になるように足の台が上がって・・・やっぱりせっかく注入した精子が出ないように?
なのかな?とちょっと不思議でした・・・あまり根拠が無いと聞いた事があったので
そして10分が経ち、感染症検査の採血をして、お会計・・・
人工授精は2万円で、その他内診やホルモン注射などで28,000円です。
感染症予防の飲み薬の処方箋も出ました。
なんかドキドキしましたが、お家に帰って来ても「頑張ってね」とお腹に話しかけ、
そしてまたまた眠ってしまいました・・・寝過ぎかなぁ・・・
来週土曜日にホルモン剤を打ちに行きます。
奇跡の出会いをしてて欲しいです
絶対に大切にするから、頑張って会いに来てね
不妊治療 23:44 comments(0)
スポンサーサイト
- 23:44 -
COMMENT









2010年1月に8週目で稽留流産→掻爬手術を経験しました。優しい旦那様と一緒に悲しみを乗り越えて来ましたが、なかなかコウノトリさんが来てくれず、意を決して不妊治療を開始しました。いつかわが子を抱ける日が来る事と、旦那様をパパにしてあげる事を願って…
記録としての不妊治療日記です。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other