スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
希望の光
D92    36.93℃    13W0D

先週、東日本大震災の影響で、病院が診察困難だったため、
今日3週間ぶりの検診に行って来ました。
東北地方の実家や友人の心配や地震の恐怖などで、胎児に影響はないか?とか、
私の会社の破損が大きいため、未だに出社できずにいるのですが、
家でゴロゴロし過ぎてたため、お腹の中は大丈夫かな?とか心配でした。
が、なんと、順調に大きくなっていました

今日はいつもの内診台での検診ではなく、腹部エコー(お腹の上から診る)でした。
で、仰向けになって横にモニターがあったので、初めてじっくり赤ちゃんとご対面です。
心拍もはっきり見えました〜
大人の心拍みたいな落ち着いた動きでした。
待望の大きさは・・・67.8mm です
13週ちょうどで標準って言われました
頭の直径も測ってくれたのですが、腹部エコーではまだ見えないとか言われて、
結局内診をすることになりました

順調なので、次回は4週間後に検診になりました。
こんな災害の最中、この子は元気に逞しく育っています。
帰りにちょっと嬉しくて泣いちゃいました・・・元気をもらいました

ママ頑張るからね、このまま元気に生まれて来てね。
会えるのを心から待ってます
妊娠4ヶ月目 18:41 comments(0)
地震から5日目
D88    37.13℃    12W3D

本当は土曜日に検診予定だったのですが、
金曜日に起こった地震の影響で、病院が断水状態にて診察不可能となりました。
なので、次回の診察は今週の土曜日に変更になりました。

私は仕事中、ビルの6階にて被災したのですが、
身を隠した机が動いて、パソコンが落ち、引き出しが勝手に空いて中身が出て、
すぐに停電になりました。ホント、死ぬかと思いました。
そして避難したのですが、階段の壁が崩れ落ちて階段の上に粉がいっぱい落ちてました。
怖くて怖くて足がずっとガクガクしていました。
避難した敷地内の地面もずっと余震で揺れてて、地面が割れるんじゃないかと思いました。

沢山の不安の中、私の中の命は特に変わりなく強く生きているようです。
・・・と書いている今もここは余震がひどいです、今も揺れています 

どうぞ沢山の命が救われますように・・・
そして私と同じようにお腹で命を育てている妊婦のみなさんが安心できますように・・・
みんなが生きているということがどれだけ幸せかを感じますように・・・

1日も早い復旧を願います 
妊娠4ヶ月目 19:40 comments(0)
1/1
2010年1月に8週目で稽留流産→掻爬手術を経験しました。優しい旦那様と一緒に悲しみを乗り越えて来ましたが、なかなかコウノトリさんが来てくれず、意を決して不妊治療を開始しました。いつかわが子を抱ける日が来る事と、旦那様をパパにしてあげる事を願って…
記録としての不妊治療日記です。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Archives
Links
Mobile
qrcode
Other